ネットワークシステムを円滑に利用できる情報を把握する

厳重に扱われている

機密文書の処理方法

公官庁では秘密保護法の施行によって機密文書の取り扱いがさらに厳重な扱いになりました。今までは適当に処理されていたものも多く、お世辞にも管理がしっかりとなされていたとはいえない状態でした。 今後も機密文書の取り扱いについては厳しくなる見通しで、処理方法には慎重を期すことが予想されています。 現在のところ機密文書の扱いについては処理方法が一応統一化されています。機密文書の処理方法は専門の業者に依頼して薬品で溶かして処理をする方法が一般的に広く用いられています。処理方法方については業者に委託する方法が一般的であり、業者も処理方法について事前にきちんとした説明を行うことで信頼を得ているのが現在の状況です。

機密文書の処理で注意する事

機密文書には外部に漏れると大きな損害を受ける情報が含まれているため、廃棄の際には読み取られないように処理が必要です。 自社だけで機密文書の処理を行う場合、業務用のシュレッダーで裁断を行います。この場合、処理を後回しにしないように注意します。忙しいからと機密文書を積んでおくと、そこから流出する恐れがあります。すぐに処理できない場合は外部の人間が入れない場所に保管します。 機密文書の量が多いと社内で処理するのに時間がかかってしまうため業者に依頼しますが、外部に依頼する事による流出のリスクがあるので注意します。これを防ぐため、業者を選定する時には費用を優先するのではなく、セキュリティに対するISOを取得しており、万一の流出の際に補償を行う体制のある業者を利用するようにします。 機密文書はパソコンのハードディスクなどにも含まれているため、ツールでデータを完全に消去するか、物理的にディスクを破壊してから廃棄します。